家づくりコラム

インフィル(建物内要素)

木の効果について(2)木の利用は適材適所に

こういった状況を発見しました。湿気が溜まって、カビや腐朽がすすんでいます。

  

某、集合住宅の冷蔵庫裏です。 

見えない部分でこうなっているとしたら、冗談ではないですね。

 

住宅内で考えられる、湿気のこもる場所ランキングです。

(1) 洗濯機・冷蔵庫の裏面
(2) 洗面脱衣室
(3) 押入れ・物置
(4) WC
(5) 和室

 

木の内装材はカビやダニの発生を抑える効果があります。カビの原因は湿度ですから、室内の湿度を快適にする木はまさにカビの発生を防止する役目を持っています。こうならないための工夫は、前もって出来るのです

_DSC37462-2.jpg

WC。壁の板に調湿効果・脱臭効果があります。

100_14711-1.JPG

 

洗面脱衣室。板張りの壁面には、湿気の調節と芳香効果があります。

また、木材には材種によって消臭効果や殺菌効果等もあり、このことを利用し、当社の内装材はある一定の法則をもって選定されています。

Page Top