家づくりコラム

インフィル(建物内要素)

木の短所について③泣き虫な木

お宅によって異なりますが、たまに泣き虫の木が混ざってきます。

無垢材から場合によって出てくる 「ヤニ」 の事です。

ヤニ  こんな感じでヤニが出てくることがあります。 

ヤニは ヤニ袋(ヤニが溜まっている部分) という樹脂道からから出てきます。

 

ヤニ袋は梁などの大きな寸法の材料の繊維の隙間に含まれています。床材のように厚みの少ない材料では加工される際に取り除かれるようです。

 

もしも、ヤニが出た場合にはガムテープでペタペタしたり、シンナーなどの有機溶剤やアルコールなどで拭き取れます。ヤニが出続ける期間の特定は出来ませんが、3〜4年くらいではないか、と言われています。

 

大半の「ヤニ」は生涯お付き合いする訳では無いのですが、大切な洋服等の繊維についたりするとなかなか取れなくて、住む人まで泣き虫になるので注意が必要です。

Page Top