家づくりコラム

自然と環境

エコロジーについて④エネルギーの選択と使用方法

ではこれから、エネルギーはどのように選択し、使用していけばいいのか。

化石燃料の消費を減らして、地球環境の保全・生態系の維持をめざすのが、省エネルギーの最終的な目的です。理想の形態は「循環型」です。

昔の人の生活を、ふりかえってみましょう。もっとゆっくり生活しましょう。

夏は暑いし、冬は寒くて当たり前です。風や雨、水の流れや日射などを、空調の助けとして利用してみましょう。(参考→パッシブソーラーって?:チリウヒーター

もちろん、東京などでの異常な夏や、北海道の極寒を過ごす為には、この方法だけでは不可能に近く、冷暖房設備の設置は不可避といえます。

その場合も、基本的な考え方は変えてはいけません。効率の良い空調装置を自然エネルギーを取り込みつつも最小限、効果的に組み合わせて、省エネルギーを達成することができます。

単なる暖房負荷軽減型の高断熱・高気密構造に、エアコンを設置しただけの住宅は、かえって、エネルギー消費を増やします。

 

Page Top