家づくりコラム

薪ストーブ

薪の入手と扱い方について③裏ワザ集

その①近所の木造住宅の新築現場を覗いてみたり、材木・製材屋に声をかける。

木造住宅の建築には不要の端材が付き物です。

合板や集成材など接着剤を使用しているものは使えませんが、タル木や柱、各種造作関係の無垢材の端材は、本格的な薪と比べると火持ちが悪いものの、乾燥もしっかりされており焚き付けには最適です。

もそも自分の家を新築するなら、廃材はもちろん取っておいて貰いましょう。当社ゼノマもですが、たいていの工務店はそれらの廃材をお金を払って処分しているもの。

県内各種の現場には、そういった廃材を薪用に配布していますので、欲しい方は問い合わせて見て下さい。取りに来て下さる方限定、早いもの勝ちです!!

また、見ず知らずの人の新築現場でも、それらの材を処分していそうであれば、まずは聞いてみましょう。たいていの大工さんは、10時や3時に休憩を入れます。

そんなタイミングを見計らって、人数分の缶ジュース持参で聞いてみれば、意外とすんなり貰えたりするものです。

もちろん忘れてはいけないのが、友人・知人・親戚・近所の方々。「私の家には薪ストーブがあるから、薪に使えそうな不要な材木があれば、言って下さいね!」と、声をかけておきましょう。

薪に適した太い庭木が台風で倒れる、なんて事はよくあるものです。ただし、ヤナギなど、よく燃えない種類の木の場合は断る勇気も忘れずに。

その②造園業者・果樹園、伐採・造成の現場に声をかけてみる。

住宅地でも、個人宅の庭木や街路樹、公園など、枝を払ったり伐採したりする業者さんは必ずいます。もしそういう現場を見かけたら、すぐさま声をかけて見ましょう。

やはりお金をかけて処分していますので、先約がなければその場で貰えるかもしれません。 

また、富山県内であれば、ナシやリンゴ農家等が多数存在します。

果樹をつける木は、ほとんどが薪に適した材。剪定時期には、こういった枝が果樹園の端に山積みにされているものです。薪ストーブ愛好家たちは、これを求めて軽トラックで捜し歩いているんです。

o0595039810526284893.jpg

その③木工房や、バット工房(?)、建具屋など木工房に聞いてみる。

 

その④市町村処分場で、植栽や枝、樹木等の引き受け場に聞いてみる。


朝日産業(㈱                 TEL 0765-82-2711   朝日町南保大林2-1

夏野土木工業㈱木材リサイクルセンター    TEL 0765-54-4691   黒部市窪野杉大平59

金山産業㈱                 TEL 076-475-7530   滑川市笠木74-1

富山資源開発㈱              TEL 076-479-0365   富山市水橋市田袋264-1

Page Top