家づくりコラム

設計関連

理想の家

理想の家作りの為、身につけるべき知識

「三回建てて初めて、思ったとおりの家になる」 

こう、よく言われていることから考えるに、世間一般の人々は家を作る為の経験を自ら体験し(実際に建築してみて)身に付けて、幾度かののち、ようやく望んだ形が実現できている、と解釈できます。

完成していない 「あなたの考える家」 は、世の中のどこにも存在しない、いわゆる空想の商品。事前にダメな点が何か、なんて、実際住んで使ってみないとわからないのも確かです。

ただ、それに数千万円単位のお金を払い、

「思った商品ではなかった」「こんなはずじゃなかった」

と、後悔してしまった次の段階として

「じゃあ次はこう建ててみようか」

なんて普通に言える人、ほとんど存在しないのではないでしょうか。

一般的に 極端に低い とされる「家」 に対しての満足度。その原因は業者だけでなく、住宅業界の仕組みやお客様の心理中になど、あらゆる部分にゴロゴロしています。

あなたの家を、一軒目で理想の形に近づけ、ご満足頂く為の知恵と工夫が詰まった記事ですので、参考頂ければ幸いに思います。

『関連』

理想の家作り

建築士と設計士、建築家の違い

設計士について

建築士について

適切な判断を

工事は一体誰に頼む?

坪単価の話(1)

坪単価の話(2)

知人の職人さんを使いたい方へ

Page Top