イベント情報

完成見学会

『空と未来に繋がる家』完成見学会ご来場ありがとうございました。

暦が二月とくれば立春、春の兆しがだんだん表れてくる季節です。

先日開催の『空と未来につながる家』の完成見学会。当日、突然の積雪で足元の悪いにもかかわらず、お子様連れのご家族などたくさんの方にご来場頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今物件の見どころ【二階リビング】を目の当たりにしたお客様からは・・・

 

『1階が子供室や寝室の個室なんやね。なんで?変わってる!』

『街中なのに山がみえる!?』

『なんで、2階がリビング?階段登るの不便でない?』

『なんか通学路とか、旦那さん帰ってくるのとか、全部上からみえるんでない?』

という質問がちらほらと。

 

ここで自信満々のワタクシはというと。


『敷地条件や視界が悪くて人通りも多いと普通、1Fリビングでカーテン閉めっぱなしの生活になります。ところが2階リビングにすることでこれが一変、誰からも覗かれる心配もない窓から、空や遠くの山々の眺望までも生活に取り込んだ、ぜーんぶ独り占めの夢みたいな空間が実現できるんです。すごいでしょう!!』

 

『吹き抜けの梁の見せ方や照明の配置も、景色や雰囲気と一体化するよう工夫しているんです。』

 

『窓の高さも道路が見えないよう、視線が空に届くように計算しています。』

 

 

また、ファイナンシャルプランナーによる住宅ローンのご相談コーナーでは、

『やっぱり早く借りた方が得なのねー、ライフプランも見直して検討しないと。』といった声もいくつかありました。

 

ご来場いただいた方々、ありがとうございました。今回展示会で何かをつかんで頂ければ嬉しく思います。そしていつでもご相談に乗らせて頂きます。

 

「家は暮らしの宝石箱でなくてはならない」という私が好きな言葉があります。たとえ条件が悪くても設計提案一つ、間取りと景色や空が繋がった開放感あふれる豊かで美しい暮らしが実現できる、と今回心から思います。こーんなところに住んだら、日々の生活を未来に向けて「宝石のように」毎日ワクワクしながら磨きあげたくなりますね。

 

自分が住むわけではないのですが、こういうのをお客様に作って差し上げられる、なんて素敵な仕事と思います。

 

何よりお施主様、弊社提案を受け入れてくださり本当にありがとうございました。
展示会のご協力と合わせ、心より感謝いたします。

Page Top