軒の出width of eaves

日差しや雨から家を守り、風をくみ取る最強の盾、
それが「軒の出」です。

家を長持ちさせることを考えると、どんな材料でも劣化させてしまう日差しや、汚れの原因となり外壁を痛める雨には必ずといっていいほど悩まされます。それらを優しく遮ることで機能性と快適さを両立させ、寺社建築のように耐久性を飛躍的に高めるのが、私たちが提案する「軒の出」が深い屋根です。軒から広く取った開口部へと吹き抜ける風は、まるで木陰にいるような心地よさ。どんな季節・気候でも、人と自然との調和を演出してくれます。

軒の出のメリット

夏には、深い軒の出が真上から照りつける日の光を遮ってくれます。また、昼間も夜も雨の日でも窓を全開にできるため、家の中を自然の風が吹き抜け、現代の夏でも冷房の必要がないほどの涼しさを実現します。
そして冬には、高度が低くなった太陽が直接建物の外壁や縁側を暖めます。深い軒も、適材適所に配置することで、暖かな日差しを確実に取り込めます。また、積雪の多い富山県では、落雪を遠くへ飛ばし、軒下に雪をためないという利点もあります。
Page Top