スタッフブログ

ある休日のおはなし

休日、家におりましたら電話がかかってきました。
携帯ではなく、家の電話にかかってくるのは9割がたセールスなのであまり出たくないのですが
親からかかってくる事があるのでしぶしぶ出ますと・・

「太陽光発電の○○と申します!」

我が家には太陽光発電の設備があり、その保守の会社が変わるという案内でした。

それは大切なお話だわね、と聞いておりますと
電気代がいくらぐらいかかっているかを聞いてきます。
これはもしや?と思いながらも聞かれるままに答えていくと

「今、蓄電池のキャンペーンをやっています。
電気代の試算をしてお得になる方だけに蓄電池をキャンペーン価格でお付けしているんですよ。」

とおっしゃいました。
なんという事でしょう、その話を私にするとは。

太陽光発電は設置して10年間、余剰電力を電力会社が買い取ってくれるという制度があるのですが
11年目以降の買取価格は未定で、おそらく11円/kwhぐらいになるのではないか?といわれています。
(この制度は2009年に始まっており、11年目を迎えた人はまだいないのです)
そんな安く売るのであれば蓄電池を設置し、昼間に作って余った電気を貯めておいて
電気を買わない方が得なのではないか、という話をいよいよ制度開始11年目が近づいてきているので、
昨年あたりからちょくちょく関係会社の方やメーカーの方から聞いていたのです。

「蓄電池ですかー。いいですよね。でも設置には○○くらいお金がかかりますもんね。
 うちでは無理だわ~。オホホホホ。」
「やっぱり、もう他からもこういう話は聞かれているんですかぁ?」
「そうですねぇ他からも聞いてますし、私、住宅会社に勤務してるんでそこら辺はちょっと詳しくて♡」
「あ、そうなんですねっ(若干焦り気味。なぜ?)
 ZEHとかありますしねっ。
 2020年には義務化されますしねっ。今日は保守の会社が変わったというお話でしたので
 何かありましたらこちらにご連絡下さいねっ。ありがとうございました!」

 

なにぃ?2020年に何が義務化されるって??
そんな言い方してると怒られちゃうぞー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つづく・・

 

Page Top