スタッフブログ

フォルムゼノマの日常

低い家

ゼノマの建物は、極力低く設計します。
低くおさえることで、建物の重厚感や安定感が増し、家に美しさを与えてくれます。

左上・上写真:近所の家や、車と比較すると随分小さく見えますが、90坪クラスの巨大な家です。

左写真:屋根面には断熱の他、遮熱効果も必要です。

屋根に面する2Fには、遮熱シートや廃熱用の通気層を施工します。

それ以外にも低いメリットは非常に多く、

・小さい家は外気に面する面積も小さいので、空調効率がよい。

・ 住宅密集地で近隣に及ぼす日影の影響が少なくなる。

・ また建物を小さく造る事に繋がるので、コストの軽減に繋がる。

・ 材料の使用量をおさえた結果、環境負荷軽減の効果まで期待できる。

低く造る為には、空間を構成する構造材は極力目にみえるように作り、断熱性能を確保しつつも天井裏空間まで室内に取り込み、階の高さを低くおさえるように工夫して設計する必要があります。

よくお客様に、「小さく見えるのに、内部に入ると広く見える!!」と言われます。外からは小さくても、中では便利で広く見えるのが「面積効率が良い」家ではないでしょうか。
 

Page Top