スタッフブログ

未分類

ある休日のお話し(続き)

続きです。

我が家に無謀にも電話してきた営業マン。この私に専門的な用語を使いすぎて突っ込みどころ満載ですが、話の中にあった2020年に義務化されるのは何でしょう?

ぽく

ぽく

ぽく

チーン!

それは「改正省エネルギー基準」です!
え?なにそれ?そんな事とっくに知ってる?
じゃあ私に電話してきた営業マンに誰か教えてあげて。

住宅の省エネルギー基準は1980年に作られ、環境問題や世の中の流れにあわせ、だんだんと強化されてきた経緯があります。

1992年「新省エネ基準」
1999年「次世代省エネ基準」
2013年「改正省エネ基準」

名前だけ見るとどれが新しいのかわかりませんが、なあなあに努力目標とされていた「2013年 改正省エネルギー基準」が、ようやく2020年に全部の新築住宅で「ちゃんとやれ!必ず!」ってなったってことなのです。

具体的にどういう事かというと
・建物の断熱性能をグーンと上げる
・冷暖房・照明・換気・給湯等の設備器具の設計1次エネルギー(石油とかガス)の使用量を基準値より下回るようにする

参考までに営業マンが言っていた、ZEH(ゼッチ:ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)というのは、上記の断熱性能の向上及び1次エネルギー消費量の削減に加えて太陽光発電などで自宅でエネルギーを作り、年間の1次エネルギー消費量の収支をプラスマイナスゼロにする住宅のことです。

それこそ、家で自分で使うエネルギーは、自分で作り出せるようにしなさい!という基準です。ZEHが義務化なんて未来は、そんなに早く来ませんよ。

政府はこれを2020年までに標準的な新築住宅での実現、2030年までに新築住宅の平均での実現を必死に目指しているところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エネルギーを買わなくてもお家があったかいのは我が家の子たちも大喜びですけど、
無知なまま(あえて?)変な不安をあおるような営業してると、成績の方が寒くなっちゃうんじゃないですかね?

参考→http://form-zenoma.jp/quality/insulation

お問い合わせ→http://form-zenoma.jp/contact

 

Page Top