スタッフブログ

未分類

設計士について

間取りや、外観イメージなどを創り上げることが出来、日常の主たる業務が図面書きであれば、その人の職業は「設計士」です。

04ILAD22.gif

これといった資格が必要な訳でありません。もちろん、家を建てる為に必要な法的知識・構造知識の根拠を持って考える事ができないと、ただの「お絵かき屋」です。

そうならないよう、どこまで理想の設計が実現できるか見極める為に、設計士は建築士等の資格をとり、また時代とともに変化する技術・知識を身に着け、さらに広く深い知恵を持つ専門家へと進化し続ける義務を持った職業といえます。

大手メーカーに注文住宅を申し込んだ場合、1級建築士は挨拶だけ、設計士が間取りを考えるのでなく、担当営業マンや経験豊富な営業マン、もしくはパソコンとCADが使えるオペレータが間取りを考えている場合も非常に多いようです。

そんなのは真剣に間取りを考えたのではなく、予算と営業ノルマをベースにした提案としか言えません。

造成地みたいにある程度、敷地の形状が整然としていれば、自社の商品シリーズや日常業務で説明している間取りのうち、いくつかのパターンから選択出来るようになっており、これらのことからもよほど特殊な要望が入ってさえいなければ、営業マンでも充分対応できるのです。

Page Top