スタッフブログ

消費税10%になる前に

 

 

 

 

2015年10月に10%へ引き上げが予定されていた消費税ですが、
過去2回にわたる延期の繰り返しや、社会保障費などの支出拡大が避けられない状況などから
来年、2019年10月には予定通り実施されそうです。

では、増税は住宅購入にどのように関わってくるのでしょうか?

・土地の購入:消費税はかかりません
・中古住宅、中古マンションの購入:消費税はかかりません
      (不動産会社が中古物件を買い取ってリフォームしてから販売する物件にはかかる場合があります)
・新築住宅:引き渡し時の消費税が適用されます

新築住宅の税率について補足です。
通常、引き渡し時の税率が適用されますが、今回は税率が10%になる半年前の2019年3月31日までに契約したものであれば、引き渡し時期に関わらず消費税が8%のまま据え置かれる経過措置がとられます。
つまり、2019年3月31日までに契約をするか、2019年9月30日までに引き渡しを迎えれば消費税は8%という事です。(8%になった時と同じですね)

さてさて、ここに当社での新築住宅の契約までの流れを重ねてみることにしましょう。

①設計のご依頼から第一プランの提出まで・・・2~3週間

②プランの修整・・※1

③お見積り・・2~3週間

④金額のすりあわせ・・※2

⑤ご契約

スムーズにいっても2カ月近くかかります。
※1,2の期間に時間がかかればもっとかかる場合もあります。
(実際半年くらいかかる方もいらっしゃいます)
増税前でお客様が混みあってくると、順番待ちとなりますのでお話をいただいてからプランニングに着手するまでにお時間をいただく事もでてきます。
そして、実際もう混み合ってきています。

なんとしてでも増税前に!と慌てて納得のいかないままご契約される事は、税率が8%とは言え大きなお金をかけて家を建てるのに勿体ないことだと思います。
大型のリフォームは勿論、小さな工事(トイレの改修だけ、とか窓を交換したいとか)も同じことです。
当然、施工業者の確保もギリギリになれば難しいです。

何らかの工事をお考えの方は、どうかお早めにご相談下さい。
年があけてから・・というのでは遅いですよ!

 

 

Page Top