スタッフブログ

未分類

木造住宅の構造について②伝統工法

日本に昔からある構造及び技術の総称で、由緒ある神社仏閣はほぼ、当工法の結晶体です。

部材と部材を組み合わせて釘も使わず築き上げるさまは、まさに『匠の技』といえるでしょう。熟練した技術が必要ですが、昨今では、伝統工法に精通した大工が少なくなってきました。

伊勢神宮では約1300年前から、20年毎に行われる 「式年遷宮」 で神社建物や技術の永続的な保持・伝承を図っています。

58011.jpg

参考記事→「ワクノウチや伝統工法ついて

Page Top