スタッフブログ

フォルムゼノマの日常

パースの重要性

二次元の図面から、三次元の住宅のイメージはお客様にはなかなかしづらいものです。図面で良いと思っても実際の住宅ができてから、

「思っていたイメージと、実際出来上がった住宅と異なっていた。」

「こんなはずじゃなかった。」

こんな事例も他社ではあると聞きます。前例のない注文住宅ならなおさらです。

こんなくい違い無くすために、ゼノマではイメージを 『パース』 という立体の絵で確認して頂きます。 

 コンピューターで3D化したイメージ画像などを提出する会社もあります。

確かに、きれいだしイメージも湧きやすいのですが欠点は内容を決めてイメージ化するまでに時間がかかるということです。

打ち合わせしている時、どの場所をどのようにするか ”今” すぐ知りたい瞬間にパースは必要なのです。

当社の設計士は、打ち合わせ中にパースを瞬時にかきます。そのパースを見ながら打ち合わせが進むのです。

ゼノマでは、家が完成するまで内部だけで十数枚ものパースを作成し、打ち合わせを進めます。納得のいく住宅を造るために、『パース』 は絶対欠かせません。

Page Top