スタッフブログ

フォルムゼノマの日常

雨水タンク④富山県の年間降水量

富山県の年間降水量は≒2,250mm。(参考→zentech

たとえば45坪程度の家に降り注ぐ総量は、2.25(m)*45(坪)*3.3(㎡)=334㎥

なんと 25Mプール(25m*15m) に注ぐと ≒90cm 程度の深さに!(浅いけど泳げます)、
そして 生コン車なら 334(㎥)÷5(㎥/台) ≒70台 になるくらいの量です!(渋滞します)。

a1220_000040_m.jpg

一般家庭の水道使用量は年間240㎥程度、一方で、これをはるかにを凌ぐ量の雨が屋根に降り、何にも利用されないまま水路に流れてしまっている計算です。

なんともったいないことでしょう!!

もちろん衛生上飲むことはできないでしょうが、何とか工夫すれば上下水道代の節約はもちろん、畑・庭の散水に使えるだけでなく、洗車や冬期間の融雪水にも使えそうです。

下水の切り替えに伴う浄化槽の再利用方法として、また敷地内に比較的余裕がある方なら、新たに水タンクやドラム缶を設置するなどの方法で、雨水タンクは割と簡単に設置できます。

 

下の写真はフォルムゼノマ立山の雨水タンクです。実際にご覧いただけますので、ぜひご相談ください。

DSC01761.JPG

 

DSC01762.JPGDSC01848.JPG

※上記タンクは約3t(3㎥)程度、廃棄されていたものを再利用し雨どいに接続しています。弱い霧雨でも、雨樋に流量さえあれば、蛇口を軽くひねったくらいの水が流入してくれます。

Page Top