スタッフブログ

フォルムゼノマの日常

吹き抜けの魅力

とかく単調になりがちな住まいに、開放感や空間の面白さを取り入れるために「大きな吹き抜け」をもうける場合がよくあります。上部に採光も絡めると最高です(笑)

_DSC0164hp.jpg

大きな吹き抜けを2階の廊下や居室に絡めて「のぞき窓」や「ブリッジ」を設置することで、家族がなにをしているか見えるというのは、非常に楽しいものです。2Fまで、声もそのまま通ります。

空間的繋がりや家族の存在感を、上下階も含め互いに把握できることで、仲良し家族がもっと仲良しになるでしょうし、また立体的な広がりを得られる分だけ、建物がより広く感じられます。

問題は、大きな吹き抜けを空調する熱負荷。夏場は、風がよく抜けるといった良い方向に向かうのですが、冬場はその逆。

何も考えず計画すると、冬場の快適性などの点からいけば「熱が上に逃げて寒い」といったクレームに直結する危険もあります。

視覚的にも、有利なことが多い大きな吹き抜けを思う存分楽しんで頂くためにも、根拠のある計画と熱的性能をしっかりと確保することが大切だと言えます。「空間がもったいない」とか「プライバシーの方が大切」と言ってしまえばそれまでですが、それら欠点を考慮したとしても、残る魅力はとてつもなく大きなものがあります。

あなたのお宅にもぜひ、いかがでしょうか?

Page Top