スタッフブログ

未分類

建物が建たない敷地

先日、会社近所で 「43条ただし書き道路」 のケースに当たりました。

難しいですが簡単に言うと、敷地が 「建築基準法上の正式な道路に接していない」
という事なのです。

a0002_008754_m.jpg

調べていた土地は協議した結果大丈夫だったのですが、土地購入をお考えの方や建替えを検討中の方、気を付けないとあとで、


「え?家が建たないの!?なんで!?」なんて事にもなりかねません。


基本的に道路というものには、建築基準法上さまざまなケースがありますが、共通してある考え方はこう。


「4m以上の巾がある公共の道路に、2m以上接していなさい。」


それはなぜでしょうか?

もし、道路に接していない家が火事になったとします。ある他人の敷地を通って行かないと、消火活動出来ないという場面になったとき、その通る敷地の持ち主に、

「俺の土地に勝手に入るんじゃない!」

などと言われてしまうと、もうどうにもなりません。もちろん、道が狭くて消防車が近づけないってのも、これと同じ。

町全体が焼け野原になる恐れを秘めた 「消火出来ない危険な建物」 を無くすべく、現在の法律が出来ています。最近とんと大火事のニュースを聞かなくなったのは、これのお陰です。

さて、一般道以外にも、

開発道路
1項5号道路(位置指定道路)
2項道路
43条ただし書き道路

など、さまざまな道路が存在します。建物を建ててもよい道路ならまだしも、もしそうでなかったりすればえらい事です。法律は資産価値を知らないうちに「ゼロ」にしている場合もあるのです。

「今まで住んでいたのだから、大丈夫。」は通じません。なので、建築計画を始める前に、役所等で道路もきちんと確認しておくのがベストです。

Page Top