スタッフブログ

フォルムゼノマの日常

リフォームか新築か、究極の選択

春だからでしょうか。
 
最近受ける相談にこういった質問が本当、増えてきました。
 

img_384416_13159785_6.jpg

回答からいえば、予算さえ追いつくのであれば新築されるに越したことはないです。
もうこの一言に尽きます。
 
 
「数年間だけ持てばいい。」とか「部分的な手直しだけ。」ってのなら話は別ですが。
 
 
リフォームの現場で感じるのは、特に築30~35年を超えて、構造的に末期を迎えている住宅がなんと多いことでしょうか。
 
 
これは、内装や外装のきれいさだけで判断していては駄目です。その住まいを考え・作ったメーカーは、30年以上その家が建ち続けるよう工夫して建てているとは思えません。
 
 
寺社建築でもあるまいし、25年か、せいぜい30年を想定しているだけでしょう。
 
 
現在の新築と、当時の新築との構造・材質等の違いなんて比較しようもありません。そういった住宅に予算を限ってリフォームしても、後々イタチゴッコの様に改修が迫られます。
 
 
じゃあ、当面(10年以上)改修が不要な様にリフォームをするとすれば、もうちょっとで新築に手が届く費用になります。20年以上と言われたら、間違いなく新築を勧めます。
 
 
お客様「新築だったら高価だけど、リフォームだったら安いですよね。」
・・・とんでもない!!
 
 
リフォームは柱の位置など既存の制約を受けやすく、何をやるにも既存の解体が付き物ですが、次の仕事のつながりを考えながら解体しますので、遅々として進まないなんてのもザラです。
 
 
新築はゼロから造るだけですから、こちらの方がよっぽど手間かかりません。リフォーム工事の人件費はもちろん、新築の数倍かかります。
 
 
「この建物には思い入れがある。」というのさえなければ、長い長い時間使い続けなければならない建物は、新築をご検討されることをオススメします。
 
Page Top