スタッフブログ

フォルムゼノマの日常

冷房と除湿、どっちが電気代が高いのか?はたまた変わらないのか?

冷房と除湿、どっちが電気代が高いのか?はたまた変わらないのか?

 

その前にまず、「冷房」と「除湿」の違いを皆さんご存知でしょうか?

冷房・・部屋の温度を下げる事を一番に考えた機能

除湿・・部屋の空気の湿度を下げる事を一番に考えた機能

それぐらい知っとるちゃ!

というつっこみが聞こえてきそうですが、ではでは。

湿度を下げるってどうやって下げているのでしょうか?

どうですか?わかりますか?

空気に蓄えられる水分の量は空気の温度によって決まっています。

曰く、温度が高ければ水分を沢山蓄える事ができるし

温度を下げていけば、空気中にいられなくなった水分が水滴として溢れます。

なので、湿度を下げる時は

エアコンで湿った空気を吸い込んで熱交換器で熱を奪って温度を下げ

空気中にいられなくなって熱交換器についた水分をホースで外に出し

水分をとった後のさらさらの空気を室内に戻しているのです。

そして、空気を室内に戻す時に

温度を下げた空気をそのまま戻す事を「弱冷房除湿」

ちょうどいい温度に暖めて戻す事を「再熱除湿」といいます。

 

pichi-1.jpg

ダイキンのキャラクター「ぴちょんくん」

 

さあ、ここで電気代の話です。

「弱冷房除湿」は弱い冷房と同じです。

「再熱除湿」は暖めるという工程が加わるのでその分電気代がかかります。

なので、電気代が安い順番でいくと

弱冷房除湿もしくは高めの温度設定の冷房→冷房→再熱除湿

という事になります。

今日のお題の回答としては

「除湿の種類による」という事になりますね。

 

じゃあ再熱除湿って何のためにあるが?と思われるかもしれませんが

梅雨や夜、温度は低いけど湿度が高くて不快な時に再熱除湿を使うと

体を冷やさずに快適に過ごす事ができるのです。

 

それぞれの機能の特徴を知っておくと、

快適かつ経済的にエアコンを使う事ができますね。

 

そして、エアコンの機能はどんどん進化しています。

なかなか高価な物ではありますが、壊れていないからと言って

古いエアコンを使っていると電気代も相当かかっています。

それってエコじゃないですよねー。

思い切って買い換えを検討してみるのも良いかもですよ!

pichi-2.jpg

いろいろな「ぴちょんくん」

 

 

 

 

 

Page Top