スタッフブログ

フォルムゼノマの日常

照明の効果

 癒しの空間作り

ゆきこです

営業

野島 有希子 

メールはこちらへ

一昔前は、日本の住宅の照明というと目が覚めるような白い光を放つ ”蛍光灯” が主流でした。

最近では、住空間にも 「雰囲気」 や 「心理的な落ち着き」 を求める人達が増えたせいか、以前に比べ住宅の照明が豊かになってきたように思います。
 

シンプルな空間でも、照明のバリエーションを少し変えるだけで、普段の生活シーンとは全く違った雰囲気をつくることができます。 


生活の時間や過ごし方に合わせて、照明の灯りを変化させてみるともっともっと癒しの空間が作られるのでお勧めですね。

 
 

例えば、天井に蛍光灯が並んだインテリアは部屋全体が影のない、非常にフラットで冷たい雰囲気になります。

それを、間接照明やスタンド照明、ペンダントライト等の多灯使いを基本にするだけでグッと部屋の印象は変わります。

さらに明るさの調節ができる調光スイッチなど組合せればより効果的でしょう。

      蛍光灯の場合      白熱球の場合

 

上の写真は、同じ部屋です。

違いは一目瞭然ですね。

 

ただ、本を読む場合や勉強しているときには目を悪くしてしまうので蛍光灯のほうがよい場合ももちろんあります。

使い分けさえマスターし、照明のバリエーションを複数もつことで心地よい空間へと劇的に、しかも簡単に変化するのです。

同じ部屋なのに、光が作る影や光の色合いで全く違う雰囲気を作り出しまるでホテルの一室のようになりますよ。

 

しかし、注意しなければならないのが、真っ暗の中にスポットライトだけを配置すると、明暗のコントラストが強過ぎ、落ち着きがなくなってしまいます。

理想的な間接照明はまずいくつかの照明を配して全体にある程度の明かりを得られるようにする必要があります。

既存の部屋の明るい部分を演出するにはフロアスタンド、テーブルスタンド、ペンダント、ブラケットが考えられます。

参考として、ホテルの照明使いを思い出すととても分かりやすいです。

 

?天井にメインの照明(調光可)

?ベッド再度にテーブルライト

?部屋の隅にスタンドライト

これだけでもグット落ち着きがでます。

 

照明という比較的低予算でインテリアのムードやイメージを変えることができるのですから、一番簡単なリフォーム?かも知れません。

 

最近はどのインテリアショップでも照明の品揃えが豊富です。

デザイナーもの以外でもシンプルで素敵なものがたくさん売られています。

木が照明に!!

 

こんな素敵な照明なら癒し効果も抜群!

 

それは、別に照明器具だけではなく100円のキャンドルでもよいのです。

 

私のベッドサイドです。

アロマキャンドルの光と間接照明が癒してくれます。

 

 

間接照明のいいところは光の色にもあります。

つまり、温かみのあるオレンジの光。

この色は、ただ視覚的に温かみを持つだけではありません。

ムードもさることながら、肌をきれいに見せたり、料理をおいしそうに見せる色なので、我が家は家中のライトがこの色になっています。

 

 

      蛍光灯の場合      白熱球の場合

 

 

最近では、蛍光灯なのにあのオレンジ色の光を放つタイプも多く出回っているので、それを選ぶだけで球切れも少なく長持ちです。

ただ、日中暗いときに電気をつけても夜のようなムードを作ってしまうので幾つかの照明器具で時間帯によって蛍光灯の照明を使うなど、使い分けてもいいかもしれません。

 

他には、間接照明を壁や天井で反射させてよりやわらかい光を作ってみたり、床に近いところを照らすとより落ち着きのある部屋になるのでお勧めです。

あと観葉植物や、お気に入りの絵、お気に入りの雑貨などを個別で照らしてもおしゃれになります。

 

ただ、照明といっても明かりをとるだけでなく、どのように使用するかで色々なメリットがあるので是非見直されてはいかがですか。

 

いつもの我が家が、ワンランク・・・・・・いやもっともっとランクアップすることまちがい無しですよ。

Page Top