スタッフブログ

フォルムゼノマの日常

設計とパース

ひとえに「設計」といっても、設計士さんの描いてくれる設計図では、「どんな雰囲気になるのか?」といった、イメージ付けが、施主様を始め一般の方ではなかなかできない、といったことがよくあります。

設計士が考えるイメージを、場合によってはスケッチ(パース)にして説明させて頂いています。

あまりキレイではないかもしれませんが、こうすることで百聞は一見にしかず、あっというまに理解して頂ける、といったことがよくあります。

コンピュータを利用にて、内部を歩けるようにとか、様々な位置から見た様子がわかる、といったサービスもありますが、これにはモチロン「コスト」がかかり、施主様への負担増となる場合もあります。

似顔絵を描くようにスラスラ描けますので、お客様との図面打合せの際、必殺技として重宝しています。

上の写真は完成写真ですが、比較するとなかなか良い線いっているように見えませんでしょうか?(自己満足)
 

Page Top