スタッフブログ

フォルムゼノマの日常

ゼノマが考える「外壁の選び方」

ゼノマは、注文住宅を造らせて頂いているのでもちろん外壁も一棟一棟異なるのですが 「ゼノマらしい」 特徴はどの家にもある様に選ばせて頂いています。

例えば、当社は木をふんだんに使用した自然な感じを特徴としているので、外部もそれに伴い木部を生かした外壁にしたり、モダンで近代的なイメージよりも落ち着いた雰囲気だったりといった感じです。

 

以前までは、そういった理由で木の雰囲気を生かすために実際に木を外部に貼りつけたデザインが主流だったのです。

 

 
 

 

 

もちろんすごく素敵ですし、うちの魅力ではあったのですが、自然の物を使用すればメンテナンスもかかります。

 

自然の木だからこそ、塗装は剥げるので塗り直しが必要ですし、雨水が侵入することもないとは言い切れません。

 

例えば30代の若いご夫婦が、決められた予算の中でせっかく家を建ててローンの返済中にメンテナンスでまた、費用が掛かるのでは無理があります。

 

数年後にはお金を貯めて庭を造りたい・・・・とかウッドデッキを造りたい・・・と他にお金をかけたい夢があってもメンテナンス費用がかかりすぎるのではとても私達もご提案できません。

 

そんなお客様には、木に代わるメンテナンスもほとんどかからない材料を探し、そこから当社のインテリアプランナーがデザインや色合いも含め納得したものをご提案させて頂いています。

そのため最新の情報や商品知識を常に把握して、お客様にあったご提案を致します。

 

 

(これらの家は、ゼノマの雰囲気を残しつつメンテナンスの少ない外壁を採用した例です。)

 

 

家を建てれば新しいうちは、どの家も素敵でしょう。

ただ、その家に住むのは3年や5年ではないのです。

10年後の状態や、20年後の経済的な負担なども建てる時に考慮する必要があると思います。

 

外壁の木部はメンテナンスがかかることを、知っていても本物にこだわる方もおられるし、その塗装を自分で楽しみにしている人もいますが、そんな風に考える方が全てではないはずです。

 

施主様が10年後も20年後も当社の提案に納得頂けるよう、お客様に合わせて外壁ひとつ丁寧にお選びさせて頂いております。

 

家を建ててからがお客様と当社との本当のお付き合いが始まるのだと思います。

 

 

 

 

Page Top