スタッフブログ

フォルムゼノマの日常

可変装置としての廊下

廊下は、なるべく少ない方がいいとよく聞きます。

確かに、限られた面積と予算の中で設計する訳なので、移動空間としての廊下が多いと他の室の分が狭くなるからです。

でも、建物内を移動する為にはどうしても完全に消し去ることは難しいものです。

だったら廊下部分を利用し、必要に応じて部屋の大きさを変える可変装置として考えると、住まいにさらなる暮らしやすさが生まれる場合があります。

以下の例では、廊下の壁面に建具が組み込んであります。この状態だと、廊下は「移動空間」としての機能のみとなっています。

しかし、上記の赤線で示す建具を閉じると、廊下は寝室の一部へと早代わりします。

こうすることで冬期間、WCまでをも寝室の一部にする事ができ、空調されていない廊下やWCでのヒートショック事故を未然に防ぐことが出来るのです。

もちろん暖房機などの空調機は、面積の拡大部分をも配慮しつつ計画する必要がありますが、こうやって設計できると、廊下もちっとも無駄に感じなくなりますね。

Page Top