スタッフブログ

スタッフ紹介

スタッフ紹介 ~広報 保里美由希

こんにちは、営業担当の中澤です!

このスタッフ紹介のコーナーも、いよいよ最後の一人となりました。
その一人が、広報の保里です。
そこで今日は中澤が保里にインタビュー!
仕事のことからちょっとプライベートなことまでを聞いてみました。
まずは自己紹介から!

保:広報とOB様訪問を担当している保里美由希です。
定期発行している「住まいのかわら版」やチラシの作成イベント関係の企画・運営、フォルムゼノマで新築を建てられた、またはリフォームされたお客さまへの定期訪問を中心に仕事をしています。
休日は、子どもと一緒にお買い物に行ったり(新型コロナウイルス流行前)、 同じテンションで遊んだりして過ごしていますね。

 

中:保里さんがフォルムゼノマに入社したきっかけは、紹介でしたっけ?

保:そうです。以前フォルムゼノマで働いていた方に紹介していただきました。
それまで、約10年育児に専念してきたのですが、少しずつ子育てが落ち着いてきたので「そろそろ働こう!」と思っていた時でした。
たまたま子どもの同級生のお母さんに「仕事を探している」と話したら、一緒にフォルムゼノマで働かない?と誘われたんです。

 

中:広報やOB様訪問の仕事内容は幅広くて、それをしっかりキッチリこなしている姿は心強い!

保:広報の仕事の中でも、特に「住まいのかわら版」の現場レポート欄には力をいれています
現在進行中の家の工事状況などをお知らせしているこのコーナーでは、こだわりのポイントや見て欲しいところを、写真や文章でわかりやすく楽しく読んでもらえるように心がけています。
OB様訪問の時に、奥さまから「うちのお父さん、かわら版が届いたら隅々まで見とるわ!いつも届くのを楽しみにしとるよ!」と言われた時は、本当に嬉しかったです!
頑張って作ったものがお客さまの元へ届き、しかもじっくり読んでいただけていると知って感動しました。

 

中:フォルムゼノマで働いてもうすぐ3年ですよね。この仕事のやりがいは?

保:お客さまのお家へ訪問に行った際に「ありがとう」と言われることが多く、嬉しさとやりがいを感じます
そして、何よりお客さまとお話ししている時間が楽しい♪
建てて終わりではなく建てた後も気軽に相談できるようにと、年3~4回はご自宅へ伺っています。
ここまでしている会社は少ないですし、フォルムゼノマがお客さまにしっかりと長く寄り添い、信頼していただけているからこそ、何度も感謝のお言葉を言っていただけるのではないかと思っています。
ちなみにわが家は、12年前に某建築会社で家を建てましたが、アフターフォローの訪問は1年5年10年のみと、ちょっと寂しいですね…。

 

中:保里さんは、仕事への細やかさの中に、優しさや話しやすい雰囲気があるので、オーナーさまも安心して頼ってくださるのだと思う。

保:営業の水野さんは、家のお引渡しの際に「自分の子どもが巣立つ感覚」とよく言っています
子どもが親元を離れても、親子関係はずっと続いていくのと同じで、私も「確かにその通りだな」と感じています。
家が完成し、私たちスタッフの手から離れた後もずっと見守っていきたいという想いをもってオーナーさまに接しています。
これは、スタッフ一同みな思っていることですよね。

 

中:では最後に、みなさんへメッセージをお願いします!

保:家のお引き渡し後も、オーナーさまとは一生のお付き合いをさせていただきます。定期的にお伺いいたしますので、ご家族のこと、お家のお悩み、暮らしの楽しみ方などいろいろなお話をお聞かせください!
また、「住まいのかわら版」についても、お客さまにわかりやすく、そして楽しい内容で作成していきますので、ぜひ手に取ってご覧くださいね。
そして、OB様訪問の時にご感想をいただけたら嬉しいです♪

Page Top