スタッフブログ

フォルムゼノマの家づくり

【ふたりの平屋】~朝日町 A様邸

こんにちは、営業担当の水野です!

最近、若い方にも人気の平屋
LDKを中心とした無駄のないコンパクトな住まいは、子育て世代にも過ごしやすくておすすめです。
フォルムゼノマでは、これまでにも平屋の家を何棟も建築してきました。
その中から、今日は朝日町A様の平屋の住まいをご紹介します。

A様ご夫婦は、長く東京で生活していらっしゃいましたが、定年後に地元である富山に戻ってこられました。
第2の人生を、自分たちらしくのびのびと暮らそう!
と、お互い趣味を楽しみながら安心して暮らせる家をご希望でした。
近くの内見会へのご来場がきっかけで、A様のこれからの人生を楽しむお住まいを、フォルムゼノマが建築させていただけることに…!
趣味多彩なご夫妻の想いや生活スタイル、ご要望をすべて叶え、安心快適に過ごせる平屋建ての住まいをご提案いたしました。

外観は、大屋根が印象的なシンプルなデザイン。
フォルムゼノマらしい深い軒の出が特徴ですね。
カーポートと屋根の隙間をなくし、雨の日も濡れずに行き来ができるようにしました。
これなら大きな荷物を持っていても、慌てずに行動できて安心です!

玄関は、台形の高窓から豊かな光が注がれる、明るく広がりを感じられる空間になりました。
ゆるやかに2つのスペースに仕切り、左手は下足収納とスロープを設けて、将来もずっと住みやすい家であるよう考えられています。
右手は、お客さまも使えるメイン玄関に。
緑の和紙クロスを貼った場所には、お父さまが作られた版画作品など、ご夫婦が大切にしている作品を季節に合わせて飾るそうですよ♪

メインとなるLDKは、とっても明るく開放的なお部屋になりました!
屋根勾配を生かした吹き抜けの広がり、梁見せ天井台形の高窓からの柔らかな陽光で、室内で過ごす時間がより心地よくなるように設計しました。
木の質感を残し、仲の良いご夫婦にぴったりの温かな雰囲気の空間です。

リビングからは、深い軒の出を生かした縁側デッキへも出られます。
フラットにつながっているので、開放感も抜群!
デッキに腰かけて、お茶を飲んだり、ご友人を誘っておしゃべりしたり…。
道路側には目隠しもつけてあるので、外からの視線を気にすることなくお孫さんと一緒に遊んだり大好きな花を眺めたりしながら、穏やかな時間を過ごせます。

ダイニング横には、趣味カウンターを作りました。
仲良く会話をしながらそれぞれの趣味を楽しめるスペースです。
テーブル下や壁面に、趣味で使う物をしまって置ける使いやすい収納も確保しました。

また、間取りの配置にもひと工夫。
平屋の特徴のひとつである、LDKを中心とした無駄のないコンパクトさに、使いやすさを考え抜いた設計です。
キッチンからは、寝室、洗面室、浴室、物干し室へ。

そして、リビング横には和室を配置しました。
和室からは、玄関や寝室に繋がる廊下へ出ることができます。
それぞれの場所へ回遊できる動線を作り、利便性を高めています。

各居室の引き戸は、車椅子にも対応可能な広い間口にして、段差もなくしました。
将来のことも考えて廊下の幅も広めにとり、どんな状況でも過ごしやすい室内空間をご提案しました。

フォルムゼノマの大屋根だからこそできる「小屋裏収納スペース(ロフト)」も魅力ポイントです。
LDKの天井に収納されている階段を降ろせば、簡単に行き来できます。
まるで隠れ部屋のような場所ですね。
小屋裏収納は、14畳もあるとても広い大容量スペースなので、来客スペースなどひとつのお部屋としても使えてとても便利♪
窓もついていて風通しも良く、使い勝手のよい空間です。

完成後、お引き渡しの時のA様ご夫婦の笑顔は今も印象に残っています。
「フォルムゼノマさんの感覚・センスと、自分たちがイメージしていた家のイメージがマッチしたので契約を決めました。ちょっと贅沢なマンションのワンフロアのような平屋造りが魅力的。大満足です!」
とお話ししてくださいました。
この平屋の住まいは、関東にお住まいの2人の娘さんが、万一大きな地震などで被災した時には避難所にもなり、夏休みなどの休暇の時には、家族が集まれる別荘のように使うそう。
これからの暮らしがますます楽しくなりそうですね!

A様のように、趣味を満喫したい、家族が集まれる別荘のような家、コンパクトで使いやすい住まい…など、家づくりの第一歩は、どんな暮らしをしたいのか想像を膨らませるところから始まります
その想いを、ぜひ私たちに話してみませんか?
フォルムゼノマが、ご希望に叶った夢の住まいをご提案いたします!

Page Top