スタッフブログ

フォルムゼノマの家づくり

「リフォーム」と「リノベーション」の違いとは?

こんにちは、営業担当の水野です!

「リフォーム」「リノベーション」
家づくりに興味のあるみなさんなら、どちらの言葉も耳にしたことがあるのではないでしょうか。
でも、どちらも同じ意味だと思っていませんか?
確かに、どちらも建物を直すことを指す言葉なのですが、実は意味が違うんです!

簡単に言うと、
リフォームは、「元に戻す」こと。
例えば、古くなったキッチンを新しく取り換えるなど、老朽化した住宅を新築の状態のように戻すために行われます。
一方、リノベーションは、「造り変える」こと。
例えば、お子さんの結婚に合わせて家を二世帯住宅にするなどの大規模改修工事が当てはまります。
既存の住宅の間取りや内装などを、住む人の生活スタイルや新しい住まい方に合わせて造り替え、使いやすく向上させたり、価値を高めたりする方法です。

「リフォーム」は、予算を抑えながら、家の機能性や暮らしやすさを向上させることができます。
今の間取りが気に入っているけど、水回り設備や壁のクロスを新しく機能性の高いものに変えたい
断熱性能を高めて、寒い・暑いなどの悩みを解消したい
住宅の構造・間取り変更に制限がある
などを希望される方に向いています。

「リノベーション」は、設計次第では暮らし方を180度変えることもでき、新しい価値を生み出すことができます。
LDKの大空間を造りたい
暗い部屋を明るくしたい、風が流れるようにしたい
今住んでいる土地から離れたくないけど、間取りをガラッと変えたい
お子さまの成長に合わせて、二世帯住宅や平屋建てに建て替えたい
などを希望される方に向いています。

どちらを選ぶにしても、まずはプランニングの段階から、新しい家のイメージやご予算についてご家族でじっくり話し合い、検討されることが大切です。
そして、設計士にその想いをしっかり伝えて、ベストな提案を仰ぐことも失敗しないコツです。

というのも、お客さまの中には、新築よりリフォーム・リノベーションの方が安く工事できると考えていらっしゃる方が多いのですが、そうとは言い切れません
中古物件を購入した場合、工事費の他に耐震などの構造の調査も必要となります。
今お住まいの家でも、実際に中の構造や材質の良し悪しなどは、解体してみないとわからないこともあり、改修を始めてから予想外の付帯工事(シロアリなど)や追加費用などがかかることも多く、思っていた以上に予算が掛かってしまう可能性も…。
こういった見極めはなかなか難しいので、プロの目で判断してもらうことがおすすめなのです。

新築か?リフォームか?リノベーションか?
住宅での困りごとやご相談ごとがあれば、お気軽にお問い合わせくださいね。
どの選択をされても、フォルムゼノマがしっかりとご提案させていただきます!

Page Top