Form ZENOMA

Blog

2021.01.05 フォルムゼノマについて

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます、代表の野嶋です。
謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

昨年は何より、新型コロナウイルスの感染拡大により、人々の生活や日本経済などあらゆる方面で甚大な影響を受けました。
ワクチン開発の明るい報道はあるものの、未だ収束の光は感じられない状況が続いています。
一日も早く、元通りの日常を取り戻せるよう祈るばかりです。

一昨年は、新元号となる歴史的な年であり、弊社創業10周年の記念の年でした。
この10年を経て実感したことは、工務店や設計事務所経営はオールマイティさが必要で、かつ世の中の流れに柔軟に対応・変化し続けられる体制でなければならない、ということです。
そして、次の20年目に向けて、消費税増税や景気の冷え込みに立ち向かうのはもちろん、お客さまから選ばれる会社が私たちのあるべき姿と確信し、新たな取り組みへの挑戦を始めています。

その一つが、社内体制の見直しです。
具体的にはSNSを強化し、展示会開催告知をSNSでの発信のみに絞って広告費の削減をしたり、設計・管理・営業と全分野の社内マニュアル・社内業務の総合的見直し、テレワークの仕組み構築によるスタッフの負担軽減や増強などです。
それによって、これまである程度完成されていたと思っていた仕組みから、山のような問題点が発見されました。
それらの改善策を講じたことで、より効率よくお客さまのご希望に応えられる社内体制が整ってきたと思っています。

これも、比較的経営が安定しているからこそできたこと。
すなわち、これまで家づくりをお手伝いさせていただいたお客さまや、協力業者さまの礎石の賜物だと思っております。
また、OB様やこの先出会うであろうお客さま、共に歩いて下さる協力業者の方々、さらには弊社スタッフ、全てのみなさまに『幸せが訪れる会社』を目指し、2021年はさらに歩みを進めていこうと心新たに決意しております。

結びに、本年が皆様にとって幸多く輝かしい年になりますよう、心から祈念して新年のご挨拶といたします。
本年もフォルムゼノマを宜しくお願いいたします。