【子供室の間仕切り】お客様からのご質問に答えます! - フォルムゼノマ

Form ZENOMA

Blog

2022.02.03 お客様の声や質問

【子供室の間仕切り】お客様からのご質問に答えます!

こんにちは、営業担当の中澤です。

今月もフォルムゼノマに寄せられたお客様からのご質問にお答えします!
今回は子供室の間仕切りについてお答えします。ぜひ、参考にしてみてくださいね!

Q:子供室を間仕切る方法は、どんな方法がありますか?
A:壁をつくり完全な個室をつくる方法と家具やロールスクリーン等で半個室のように仕切る方法があります。
同性だったら個室ではなくても良いですが、プライベート重視の場合は完全な個室が良いですね。また間仕切りに使えるよう手持ちの家具などに幅の不足分を買い足して仕切る方法や、あるいはロールスクリーンやカーテンなどで簡易に仕切る方法も良いです。

 

Q:間仕切りする時の注意点などありますか?
A:間仕切りをつくりさえすれば部屋は簡単に増やせますが、換気や明りの窓も部屋数分必要です。さらに照明器具や空調用コンセントなど、生活する上で必要なものが一通り準備できているかどうか、快適な部屋を作ってあげるためには大切な要素です。

 

Q:将来、間仕切れるようにしておくことのメリットは?
A:年齢に応じて子供部屋の使い方を柔軟に変えられます。さらに子供が巣立った後、趣味部屋やゲストルームなどへ用途を変更することができます。
今はまだ子供が小さいから、パパのリモートワーク部屋として、あるいはママの趣味部屋として。少し大きくなってきたらプレイルーム、個室が必要になったら間仕切る。といったようにライフスタイルに合わせて用途変更できる柔軟さが大きなメリットだと思います!

春の新生活に向けて、子供部屋のリフォームを検討されてみませんか?家族形態やご趣味、将来設計なども含め喜んでご相談させていただきます。お気軽にお問合せくださいね!