断熱リフォームで我が家を快適にしませんか? - フォルムゼノマ

Form ZENOMA

家づくりの知恵袋

2022.04.30 リフォーム・リノベーション

断熱リフォームで我が家を快適にしませんか?

こんにちは、営業担当の中澤です。

最近は、ステイホーム、リモートワークの方が増え、新築よりもリフォームの需要が高くなってきていますね。リフォームと言っても、水回り、外壁、大規模改修など様々ありますが、その中でも今回は【断熱リフォーム】についてご紹介していきます。「実際にどんなリフォーム?」「今より暖かくなるだけ?」「他にもメリットがある?」などの疑問についてもお答えしていきます!

そもそも【断熱リフォーム】とは、どんなリフォームなのか?

Ⅰ.簡単な開口部断熱リフォーム
既存住宅を断熱する場合、もっとも簡単なのが、熱の逃げ道となる窓や玄関ドアを断熱性の高い製品に交換するリフォームです。既設の窓はそのままにして、室内側に断熱性の高い内窓や内部に空気層を設け熱の出入りを防ぐスクリーンなどを取り付けるという選択肢もあります。コストパフォーマンスの面では、開口部である窓のグレードを上げるのがもっとも効果的です!

Ⅱ.生活の重要地点のみの「ゾーン断熱」
LDKのみ、1階のみ、といった具合に部分的に断熱層で暮らしの場を囲い込む「ゾーン断熱」。特に、1人暮らしや2人暮らしの場合、普段生活するリビングまわりに寝室や浴室をまとめて、そのゾーンだけ断熱化すれば快適に暮らせるというケースが多いのです。家全体を断熱化するより安価にすむというメリットがあります。

Ⅲ.どこまで行っても暖かい「全体断熱」
屋根・壁・床など建物全体に断熱・気密施工を施す「全断熱」。建築費用はかかりますが、熱の逃げる隙間が生じにくく、もっとも断熱性能を向上させやすくなります。家のどこにいても温度差がなく、どの部屋にいても快適になるので、断熱リフォームの中では、一番効果が高く満足度も高いリフォームです!

Ⅰ~Ⅲついてですが、工事は必要ですがそんなに敷居の高いものでなく、Ⅰだけでも格段にQOL(生活の質、豊かな暮らし)は向上します。

長いスパンで検討すれば光熱費の軽減で元は取れますし、なにより改修後の快適な環境は健康にも大きく寄与してくれます。断熱の不足した生活を続け、家族の健康や医療費・手間リスク増加と、快適な健康住宅で健康に過ごせる日々は、天秤をかけるまでもありませんよね!

ついつい寒くても暑くても、数カ月の事だから…と我慢していませんか?ちょっとの事で、想像以上に快適に暮らせるようになりますよ!弊社のお客様で、「こんなにも違うなら早くすればよかった」と言っておられる方が本当に多いです。お家のことは、つい後回しにしてしまいがちですが、このブログを読んでいただいたことをきっかけに考えてみて下さいね!