Form ZENOMA

Blog

2019.11.19 家づくりコラム

富山県ならではの家づくり

こんにちは、広報担当の保里です!

富山県は、持ち家率全国NO.1の県というのは有名ですね。
・自然が多い
・子育てがしやすい
・生活しやすい
など、富山はとても住みやすい場所ですし、
共働きの家庭が多いので
自分たちの家が欲しいと思うことは自然なことなのかもしれません。
それに、富山では家を建ててようやく一人前とも言われます。

そんな子育て世代に人気の家は、木の温もりを感じられる『和モダン』。
ゆっくりと寛げるナチュラルな雰囲気の家を建てたいという方が多いように感じます。
自然が身近なところにある富山県民にとっては、
木の温もりを感じられる場所 = 落ち着ける・寛げる場所なのでしょう。

だからか、弊社の無垢材を使った家づくりはとても評判です♪
無垢材の家は、日が経つにつれて味わいが増していきます。
より自分たちのライフスタイルに馴染み、居心地良い雰囲気になっていくのです。
また、木は湿度を調整してくれたり、リフレッシュ効果を生んでくれたりといいことづくめの素材。
夏は暑く冬が厳しい富山にはぴったりですね。

しかし、富山で家を建てる時に忘れてはいけないのが、冬対策。
軒の大きさやカーポートなどの雪対策や、断熱や窓サッシ、床暖房などの寒さ対策などもその一つです。
でも冬対策ってどうしたらいいの?と不安に思う方も多いでしょう。
構造や機能など疑問があれば、ぜひご相談くださいね。

四季を通じて、家族みんなが居心地のよい家。
それが富山で求められている家づくりかもしれません。