Form ZENOMA

Blog

2021.01.19 家づくりコラム

床暖房は付けるべき?

こんにちは、営業担当の水野です!

 

寒い毎日が続き、こんな時は「床暖房」あったらいいなぁと思っている方も多いのではないでしょうか。
北陸の冬は寒く、暖房をつけても冷えは足元からやってきます。
家づくりをする時は、冬の対策も考えてプラン提案をするのですが、床暖房をつけるとなると設置費が必要となるので悩みどころです。
そこで、床暖房を体感した個人的な感想を正直に書いてみたいと思います。

12月上旬に完成内見会を開催したT様邸には、床暖房を設置させていただきました。
日中も気温が下がり、いよいよ冬の到来を感じずにはいられない中での内見会でしたが、室内に入って、床の温かさに激しく感動!
「足元が暖かいってこんなにも心地よいんだ!」と嬉しくなりました♪
自然と身体も暖かく感じられて、全く寒さを感じませんでした。

1日中、ご来場いただいたお客さまのご案内で立ちっぱなしでしたが、あまり疲れも感じませんでした。
冷えは女性にとっての大敵!
床暖房の偉大な効果を感じずにはいられませんでした。

足元を暖める床暖房の効果を、さらにグレードアップさせるのが「仕上げ材の質」だと思います。
T様邸の床材は、床暖房に対応した無垢材を使用しました。
無垢材は、建材の床に比べて元より暖かく感じるものなのですが、足触りの心地よさが、より暖かさの感じ方を増幅させてくれるような気がします。
ただし、無垢材は床暖房に対応した質の良い物を使わないと、曲がったり反ったりするので注意が必要です。

床暖房は電気代がかかるのでは?と思っている方もいらっしゃると思いますが、考えているほどランニングコストもかかりません。
北陸の厳しい冬に、足元から暖かな暮らしを叶えてくれる「床暖房」。
ご検討される価値は十分あると思いますよ!