Form ZENOMA

Blog

2021.07.13 リフォーム・リノベーション

フォルムゼノマが手掛けるリノベーション

こんにちは、営業担当の水野です!

家づくりには、新築、リフォーム、リノベーションなど様々な形があります。
今の住まいを暮らしに合わせてアップデートさせる「リノベーション」を選択される方も多いでしょう。

新築はもちろんですが、リノベーションを依頼する場合も、建築・設計についての専門知識を持っている住宅会社に依頼しないと、失敗する原因となります。
それは、リフォーム・リノベーションの基本が、「一度壊してまた作る」ことだからです。
床・壁・天井の中の見えない部分まで、建築に関するあらゆる知識と基本的な施工技術がないと、質の高い工事ができるはずがありません。

フォルムゼノマのリノベーションの考え方は、「一から設計しなおすつもりで設計する」。
「新築」と区別をしたり、「不便なところを直す」というやり方はしていません。
リノベーションは、元々の家の柱などの構造材が障害になり、間取りの組み立ての難易度は新築より一層高くなります。
そこで、設計をする際は、基礎構造の補強も含め「リノベーションだからこれは仕方ない」ということがなくなるまで、洗練度を高めています。

また、失敗しないためには、設計だけでなく家の内部にもしっかりと目を向けた工事を行ってくれる会社を選べるかもポイントです。
リノベーション工事の大部分は、「上から貼る」、「綺麗に見せる」といった、いわゆる「隠せる」仕事なので、問題のある個所の解決が図りにくい場合があります。
例えば、外壁の場合、上貼りすると新品に戻ったような気がしますが、実は内部にシロアリがいたということも少なくありません。
リノベーション工事のタイミングは、家の健康状態をチェックできるタイミング
専門家に一通り家を点検してもらえば、安心して暮らせますよね。

フォルムゼノマのリノベーションは、新築の場合と同じく、まずは“お客さまと対話する”ところから始まります。
好きなことや暮らし方思い描く生活や思いなどをじっくりと伺います。
細かなことにも耳を傾けて、設計や工事のヒントにしますので、どんなことでもお話しくださいね!

また、リノベーションでは工事が始まってから分かること(内部構造など)もあるので、その都度お客さまと確認しながら前へ進めるようにしているので、ご安心ください。
自分のことのようにお客さまと同じ目線や気持ちになって、スタッフや大工など関わる人全てが一緒になってお住まいをお造りします。
せっかくの家づくりを「楽しい!」と思っていただけるよう、明るい雰囲気でのお打ち合わせやサポートをさせていただきます!

この様な考え方・施工工事をしているからこそ、フォルムゼノマのリノベーションは、お客さまにご満足いただけるのです。