自宅の庭でドッグラン!素材を比較してみました♪ - フォルムゼノマ

Form ZENOMA

家づくりの知恵袋

2022.05.19 ペット共生

自宅の庭でドッグラン!素材を比較してみました♪

こんにちは、営業の中澤です。

ペットはその愛くるしい仕草や表情で、私たちを和ませてくれます。愛犬がリラックスしているのを見るだけで私は癒されます。おうち時間が増えたのをきっかけにそんなワンちゃんを飼い始めた方も多く、大事な家族の一員であるワンちゃんを喜ばせるために、自宅にドッグランを作りたい、という方が増えてきました。

忙しくて毎日散歩に行けない場合でもお庭に囲われたドッグランがあれば、いつでも走り回る事ができるので、ワンちゃんのストレス発散や運動不足解消にもなります。

今回は、もし自宅の庭にドッグランを作るとしたら仕上げにはどんな素材が良いのか、それぞれのメリット・デメリットも踏まえて比較していきたいと思います。

 

■天然芝のメリット・デメリット

天然芝は、庭としての見た目もキレイで、一緒に過ごすオーナー様ご自身にとってもくつろげる空間になりますよね。

・天然芝のメリット
芝の下は土なので感触も柔らかく、ワンちゃんの足腰に負担が掛かりません。さらに肉球を傷つける心配もありません。小型犬から大型犬までどのような犬種にとっても安心です。思い切り走り回る姿を見るのはオーナー様も嬉しいですよね!ケガの心配が少ないことも見逃せないポイントです。製作費のコストも抑えられます!

・天然芝のデメリット
水やりや、芝刈りなど、管理が大変です。雑草も生えてくるので除草したりとメンテナンスを続けていく必要があります。犬のおしっこで芝生が枯れる事もあるので、おしっこした後に水をかけることで防げます。

 

■人工芝のメリット・デメリット

天然芝の鮮やかな色を残しつつ、手間をかけたくない方には、人工芝がオススメです。

・人工芝のメリット
管理が簡単で見た目も変わらず、手間もかかりません。土が無いのでワンちゃんの足も汚れにくいです。虫が付きづらく清潔さを保てます。さらに、土が無いところでも敷く事ができて場所を選ばずにドッグランを作ることができます。

・人工芝のデメリット
熱を逃がしにくいため、夏に熱くなりすぎること散水して温度を下げたりするなど、愛犬のやけどや熱中症を防ぐ工夫が必要です。人工芝の種類も多数あるので、ワンちゃんにとっては爪が引っかかりやすい物もあるので選ぶときに気を付ける必要があります。

 

■ウッドチップのメリット・デメリット

手軽に手に入りやすいウッドチップを自宅のお庭に敷いてドッグランをつくることができます!

・ウッドチップのメリット
柔らかいので、ワンちゃんの足への負担が軽減されます。他の素材と比べると価格もお安いです。雑草が生えてくるのを防ぎ、消臭効果もあると言われています。

・ウッドチップのデメリット
割れやすくトゲが足に刺さる事があります。ウッドチップが乾燥すると風で飛ばされてしまうこともあるので、定期的な補充が必要です。さらに、環境によっては腐敗することもあります。

 

様々な素材をご紹介させていただきましたが、私は絶対、天然芝がオススメです!ワンちゃんや子供たちと一緒に転げまわりたい!おうちキャンプだってできる!メリットとデメリットを把握したうえで進めるのなら後悔も感じず、好きであれば維持管理にもストレスなくできると思います。きっとおうちに帰るのも楽しくなりますよね!

おうち時間を自宅ドッグラン「豊かに」過ごすのはいかがでしょうか?