Form ZENOMA

Blog

2020.02.25 家づくりコラム

あったかバスタイムを過ごそう!

こんにちは、営業担当の水野です!

もうまもなく3月だというのに、富山はまだ朝晩に肌寒さを感じます。


そんな時は、ほっと癒しのバスタイムで身体の芯から温まり、疲れやストレスを解消しましょう♪
最近では、温泉の「打たせ湯」のようなシステムをご希望されるお客さまや、お子さまとのバスタイムや介護用に浴室を広めに作る方も増えています。

お風呂でゆったりくつろぎたいなら、平均の1坪よりひと回り大きい1.25坪がおすすめです。
この広さなら、二人で入っても狭くありませんし、石鹸の泡が湯舟に入ることも防げます。
浴槽を多様に選べる人気のユニットバスにすれば、タイルなどで浴槽を作るより、コストパフォーマンスが抜群に良く、大きめの浴室にしても費用負担は少なくすみます。

暖かさなどの機能面やヒートショック対策を重視するなら、脱衣室に電気暖房機器などの設置がおすすめです。
当社で人気のコロナ『ウォールヒート』は、壁掛型の遠赤外線暖房機。
人感センサー付きなので賢く節約しながら、浴室から脱衣室にでた瞬間に「寒い!」と感じることはもうありません!
脱衣室を暖めておくことでヒートショック予防につながりますよ♪
他にも、クリナップのパネル型壁付け暖房機『Hotウォール』は、脱衣室をほんのり暖かくしてくれます。
タオルやバスマットをひっかけることもでき、いつでも暖かい状態で使用できる優れもの!
厚さ1.8㎝と薄いので狭い空間でもスッキリ設置できます。

そして、間取りや機能面にプラスして、ご家族のこだわりに合わせたアイデアを取り入れてみてくださいね。
例えば、2階浴室にすれば窓が透明にでき、夕日を眺めながらの入浴ができるかも!?
1日の最後に、手足を伸ばしてゆっくりお湯に浸かれば、心も身体もほぐれていきます。
心の豊かさをもたらしてくれる浴室について、この機会に考えてみてはいかがでしょうか?