Form ZENOMA

Blog

2021.08.26 家づくりコラム

理想の家

こんにちは、営業担当の水野です!

一生に一度の最も大きな買い物である「家づくり」。
しかし、「三回建てて初めて、思ったとおりの家になる」なんて言われることもよくあります。
「思った商品ではなかった」、「こんなはずじゃなかった」から、「じゃあ次はこう建てよう」という人は、ほとんど存在しないのではないでしょうか。
そんなに何度も家を建てる余裕はありませんよね。
だから、誰もが失敗したくないと考えていらっしゃると思います。

完成していない「あなたの考える理想の家」は、まだ世の中のどこにも存在していない、いわゆる空想の商品です。
ダメなところが何かは、正直なところ「住んでみないと分からない」というのも確かです。
ただ、それに数千万円単位のお金を払うのは、やはり勇気がいります。
失敗したらどうしよう…そんな不安は、少なからず誰にでもあります。
しかし、もちろん満足度の高い「理想の家」を作れる人もたくさんいます。
満足度が極端に低い家になってしまう原因は、業者だけでなく、住宅業界の仕組みやお客さまの心理中になど、あらゆる部分にゴロゴロしています。
「家づくりに失敗する人」と「理想の家を造れる人」の間には、一体どんな差があるのでしょうか?

その答えは、ぜひフォルムゼノマでの家づくり相談で実感してみてください。
フォルムゼノマでは、一度目の家が「理想の家」になるよう、お客さまがご満足いただける家づくりをお手伝いさせていただきます。